シミ取り 口コミ ランキング

    
     

この記事を読むのに必要な時間は約 12 分です。

シミ取りクリームの口コミからランキングを作りました

信頼できる本当に効果のあるシミ取りクリームってどれでしょうか?

若く見える人が使っているクリームはこれでした!

シミ取りの口コミランキング。みんな使っているのはこれです

ヴィーナスプラセンタ原液

11940
初回値段 1,980円 容量 30ml
2回目以降 3,600円 成分 プラセンタエキス
定期しばり なし 生産 国内工場
返金保証 なし 後払い 振替、コンビニ、代引き対応
公式サイトはこちら
シミトリー

11141
初回値段 3,685円 容量 60g
2回目以降 3,981円 成分 ハイドロキノン誘導体
定期しばり なし 生産 国内工場
返金保証 あり/14日間 後払い コンビニ払いあり
公式サイトはこちら
プレミアムベルエタンセル

4097
初回値段 980円 容量 40g(初回分のみ10g)
2回目以降 7,980円 成分 トラネキサム酸
定期しばり あり/4回 生産 国内工場
返金保証 あり/120日間 後払い コンビニ、銀行、郵便局
公式サイトはこちら

当サイトおすすめは「ヴィーナスプラセンタ原液」です

ヴィーナスプラセンタ原液がおすすめです
ここまで売れ筋で人気のあるシミ取りクリーム(化粧品)をご紹介しました。どれも人気があり、ネットでの評価も高く、信頼できるとても安全な製品です。

その中でも、当サイトが一番におすすめしたいのは「ヴィーナスプラセンタ原液」です。

専門医と共同開発

婦人科医の医師、今井先生が開発に携わっています。

医薬品メーカーも開発に参加

医薬品メーカー、スノーデン株式会社が開発に参加しています。スノーデン株式会社とは、昭和48年に創業され、都内に本社があり、プラセンタ関連の医薬品を主に開発・販売しています。こちらの会社は創業当時からプラセンタに着目し、エイジング一筋と言っていい医薬品会社です。

原料はすべて医薬品メーカーが調達

ヴィーナスプラセンタ原液の原料はすべて共同開発した医薬品メーカー、スノーデン社が調達しています。選びぬいた安心安全な原料しか使いません。

原液が300パーセント

サイタイエキス、ビューティープラセンタエキス、プロテオグリカンの3つが100パーセント原液のまま配合されています。この独自処方で、いまだかつてない浸透力を実現しています。

美容のプロが絶賛

美容家、美肌研究家、ビューティープランナーなどの専門家が大絶賛しています。

シミ、シワ、毛穴に効果

ヴィーナスプラセンタ原液は、大人の肌の3大悩み、シミ、シワ、毛穴に効果があります。

プロテオグリカンが、肌を守り、サイタイエキスがお肌を潤いで満たし、ビューティープラセンタエキスが成分を浸透させます。これら300パーセント原液が濃いままグングン行き渡って美肌への効果を発揮します。らだから、大人肌のの透明感、ハリ、潤いに効くのです。

コスパの良さにも注目

ヴィーナスプラセンタ原液は、一回のスキンケアが約66円というコスパ良しのお得な製品です。

ヴィーナスプラセンタ原液の最安値は?

ヴィーナスプラセンタ原液の最安値は?
公式サイトです。

また、購入できるのも公式サイト限定の商品となっています。楽天、アマゾンでの扱いはありません。

また、メーカーに取材したところ、楽天、アマゾンで販売する予定はないとのことでした。

定期コースに回数のしばりありません

定期コースといえば、回数のしばりがあるのがネックですよね。でも、ヴィーナスプラセンタ原液に回数のしばりはありません。

販売元に取材したところ「万が一合わない場合もあるので、定期コースはすぐ止めれるようにしてあります」とのこと。

定期コースのしばり回数が3回、4回と多い製品に比べると、とても良心的ですね。

定期コースなら常に割り引き

ヴィーナスプラセンタ原液の定価は4,500円ですが、定期コースはいつも大幅割り引きで届きます。
初回は1,980円、2回目以降も3,600円です。

定期コースなら送料が無料

送料の300円が常に無料です。

クレジットカードなしでも購入できます

クレジットカードの番号を入れるのにためらいを持つ方もいらっしゃると思います。ヴィーナスプラセンタ原液は、クレジットカード以外でも購入できるように、郵便振替、コンビニ決済、代金引換に対応しています。

ヴィーナスプラセンタ原液まとめ

  • 医師が開発に参加
  • 医薬品会社と共同開発
  • 原料はすべて医薬品会社からの提供
  • シミ、シワ、毛穴に効果
  • 定期コースにしばりなし

ヴィーナスプラセンタ原液は生産も国内工場、多くの美容関係者が絶賛している今一番話題の美容液です。

 

公式サイト

お肌のシミ取りに効果のある成分や方法は?

シミ取りに効果のある成分
シミを取るに効果的な方法や、どんな成分が配合されているクリーム、化粧品を選んだらいいのでしょうか?

シミを効果的に改善するには?

シミの予防や改善には美白成分入りのコスメで継続的なお手入れが重要です。

シミ消しに効果的な成分にはビタミンC誘導体やハイドロキノン、プラセンタ、コウジ酸と数多くあります。しかし、どのようなアイテムであれ古い角質で毛穴のつまった肌では満足のいく結果は得られません。

そこで気になる角質を取り除いて肌を再生させるピーリングを併用してみましょう。ピーリングによって角質層がはがれて毛穴のつまりが改善され美白成分の浸透力がぐんと高まります。

皮膚へ確実に成分が届くようになりシミへの効力が発揮されます。またピーリングは皮膚のコンディションを整えるので、くすみや黒ずみ、ニキビ跡や虫刺され跡の色素沈着など、あらゆる肌トラブルに有効です。

シミ消しの効果的な方法!ピーリング剤の選び方

ピーリング剤にはジェル、せっけん、ふき取り、ローションタイプとさまざまな種類がありますが、それぞれの肌の状態や体質・年齢にあったものを選ぶことが重要です。

ピーリングはシミや老化に効果的といわれていますが、酸の力で古い角質を除去するため、肌に多少の負担がかかることも事実です。そのためピーリングコスメを選ぶ際には酸の度合いを表すPH値と成分内容をしっかりとチェックしましょう。

PHは0~10までの数値で表され0に近いほど酸性に近く刺激が強くなります。医療機関ではPH1~2と強力なものが使われますが、市販のコスメではPH4~5の肌に刺激の少ないものからチャレンジしましょう。特に敏感肌・乾燥肌の場合はPHの数値に注意しジェルやせっけんなどの洗い流すタイプが肌にやさしくおすすめです。

成分についてはAHAやグリコール酸・リンゴ酸やサリチル酸と表示されたものが安全性としては高いです。またピーリング後の乾燥を防ぐためにも保湿成分が配合されたものを選ぶとよいでしょう。シミの改善には美白コスメとピーリングを併用して根気よくスキンケアを続けることが不可欠です。

ヴィーナスプラセンタ原液は肌の悩みに1滴で効果があります

美肌成分たっぷりで、変化を実感できたという口コミが多数寄せられています。

1回のスキンケアが66円というコスパの良さも、惜しみなくたっぷり肌に与えたいスキンケアにとっては嬉しいポイントです。
 

公式サイト

 

シミの種類とその原因

シミの種類とその原因
何気なく、鏡を見た時に増えているシミ。女性にとってみは年齢とともに大きな悩みの一つではないでしょうか。実はこのシミですが、一見すると同じように見えますが、じつは複数の種類があります。

美白感あふれるお肌をキープするために、シミの種類について知ることが大切です。

老人性色素斑

早い人で20代後半、通常はおおよそ30代後半か40代を過ぎて増えてくるシミは、老人性色素斑と呼ばれるものです。その特徴は、頬など顔のでっぱり部分や、背中・二の腕といったデコルテに1cmほどの大きさでうっすらと現れてくるというもので、放置すると徐々に色が濃くなってきて、輪郭がはっきりと見えてきます。

老人性色素斑のできる原因は紫外線です。比較的紫外線を浴びやすい部分に、長い時間をかけて紫外線を受けたことによってシミの元ができあがりますが、通常は28日間のターンオーバーによりメラニン色素が剥がれ落ちるはずが、加齢でそのリズムが崩れると剥がれ落ちず、固着してしまいます。他にも、手の甲・前腕などにもできやすいです。

炎症性色素沈着

ニキビ・火傷などで炎症を起こした際にできるシミは、炎症性色素沈着と言います。

シミの元になるメラニン色素が増えるのは、紫外線の刺激だけではありません。アクネ菌を撃退するために活性酸素が発生しますが、色素沈着を起こしニキビ跡も作ってしまいます。また、肌荒れ・軽い日焼け・ちょっとした火傷といった肌の炎症は、肌の自己防衛機能によりメラニン色素を増やす原因にもなります。

この時に肌機能が衰えていると、ターンオーバーもうまくいかずにメラニン色素が排出されないことになってしまいます。

肝斑(かんぱん)

女性ホルモンのバランスが崩れるのが原因と言われているシミが、肝斑です。

大きさや形・色の濃さはさまざまですが、頬の目の下付近や口の周りに出やすく、顔面の左右対称に出るのが特徴です。また、その形は肝臓に似ていることでも知られ、輪郭ははっきりしていません。肝斑が発生する年齢層は思春期から閉経前で、特に多いのは30代~40代の女性と言われています。妊娠や出産、生理不順時や閉経時の投薬など、女性ホルモンのバランスが深く関係しているとされています。

ここに紫外線の刺激が加わると、肝斑はさらに増加したり悪化するという傾向があります。閉経を迎えると共に、肝斑は少しずつ薄くなっていきます。

雀卵斑(そばかす)

シミと似ているもので雀卵斑(そばかす)がありますが、頬に小さな点々が複数できやすく、その原因の一つに遺伝があることが分かっています。

おおよそ5歳くらいから、顔面・まぶた・鼻の頭などを中心として淡褐色小色素斑が多く現れてきます。時には背中・腕・手の甲にも現れることがあり、思春期あたりから目立つようになってきます。紫外線に多く晒される夏には大きさ・濃さが増えますが、冬には薄くなるのも特徴の一つです。

子どもの頃にそばかすが出始めた人は遺伝の可能性が高く、思春期が終わるころにはそばかすが消えていくというケースもあります。大人になってからのそばかすは、紫外線と生活習慣に原因があると言われています。

脂漏性角化症

脂漏性角化症は、シミと同様に紫外線が原因となっていますが、別名「老人性いぼ」「首イボ」と呼ばれるものです。加齢と共に急激に発生率が高くなりますが、早いと20代で発生する人もいます。顔・首周りといった紫外線を浴びやすい箇所に多く見られますが、手の平・足の裏以外の体中どこでもできる可能性があります。

80代ではほとんどの人に、この脂漏性角化症が見られるとも言われています。紫外線によって発生したメラニンが、ターンオーバーで表皮に押し上げられ老人性色素斑となり、それが盛り上がってきて表面が硬くなったものが脂漏性角化症に繋がるとされています。

 

PAGE TOP